Loading

chachamo的一天

chachamo活动的样子

里山であそぼう

晩秋の里山で、農家体験

晩秋の里山公園に、農家体験に行ってきました。
山の上にあるので、街とは違って空気がひんやり。まるで遠くに来たみたいです。

今日の目的は「ニワトリさんに産みたて卵をもらって、卵かけご飯にしよう!」です。

早速、ニワトリ小屋へ…。
鶏舎は平飼いになっていて、元気なニワトリがた〜〜〜くさん住んでいます。
「ニワトリさん、お邪魔しまーす!」
集まってくるニワトリにツンツンされながら、ニワトリたちをかき分けて目的の産卵スペースへ。
木のふたを開けると、ゴロゴロっと産みたて卵が!
大事にそーっと手の中に入れて、潰さないよう、落とさないよう、大事に運びます。
スーパーに並んだパック入り卵とは全く違う感動が(^o^)

さて、次はかまどご飯。
お兄さんが、煙もくもくの中で一生懸命、炊いてくれていました。
大きな羽釜も近くで見るのは初めてです。
よそってもらったご飯は、ツヤッツヤの新米!
さっきの産みたて卵を、そーっと割って、ご飯の乗せると・・・やった〜、感動の卵かけご飯!
黄身はトロトロ、白身はプルプル、ふわ〜っと甘い良い香り。最高です。

石窯で焼いたピザも食べました。パリッと焼けていて、モチモチ。
ここでとれた新鮮な野菜がたっぷり乗っています。
これもとっても美味しい。

芝滑りで体を温めた後は、お待ちかねのみかん狩り。
採れたてのみかんは、皮がしっかりしていて、むきにくい!
でも、剥くたびにフレッシュな香りがして、病みつきになっちゃう。
食べてるうちに、だんだん美味しいミカンの見分けかたがわかってきました。
「何個食べた?」「5個」「私は7個」「9個食べたよ!」え、そんなに!? 大人は驚くばかりです。
美味しいミカンを見分けられるようになった子が、オススメのミカンを教えてくれます。「これこれ、絶対」とドヤ顔。
食べてみると、確かに甘い!う〜ん、最高。

ミカンを食べて、体が少し冷えました。
ドラム缶の暖炉で手を温めます。
冷たい空気と、パチパチはぜる薪の音。とってもほっこります。

遊具スペースは、真っ赤に色づいた紅葉に囲まれています。
常緑樹のグリーンと、落ち葉の黄色、とってもキレイ。
なが〜い丸太のブランコで、ゆらゆら揺れるのはとても楽しく、時間を忘れて遊んでしまいました。

最後は、お土産にネギの収穫。
おじさんに教えてもらって、スコップで根元をザクっと掘ります。
土を持ち上げると、白いネギが少しだけ土から顔を出しました。
おじさんが「もう抜けるよ」と教えてくれ、緑の葉っぱを引っ張るとスポッと抜けました!気持ちいい!
お店では見たこともないぐらい太さの大きなネギを収穫しました。
お家の人、喜んでくれるかな(^^)

参加者の声

・とても広くて、いろんなのがあって楽しかった。アスレチックがいろんな種類があった。
・ニワトリはちょっと怖かったけど、大丈夫だった。
・卵がニワトリから埋めれるのは知っていたけど、実際にニワトリのところへ行って、初めてニワトリが産んだんだ!と思えた。

プラン内容
日程
2019年 12月 7日 9:00~15:00
内容
移動、グリーティングタイム、探検、卵ひろい、お昼ご飯、芝滑り、ミカン狩り、アスレチック、ネギの収穫